NICE DAY blog

スノーボード関連用品の販売員。数ある販売店がある中で当店を購入店に選んで頂いたお客様へ、また今後ご購入いただくであろう未来のお客様へ向けスノー情報発信ブログ。

【2020-2021 CAPITA(キャピタ)】

剣玉、世界一周のメイク率がかなり高まってきました!

 

 

f:id:lilyup:20200421143217p:plain

 

CAPITA(キャピタ)はテクノロジーだけではなく、スノーボードファンを裏切らない奇抜なアートグラフィックが魅力です。

 

自己主張が程よく強く、それでいて男心をくすぐるカッコよさがあります。

 

2015年11月にオーストリアに自社工場「THE MOTHERSHIP」(マザーシップ)を設立。

 

最新のテクノロジーが詰まっているのにも関わらずとてもエコロジー

 

スノーボード業界で注目を浴びております。

 

 

vimeo.com

 

暖か過ぎる冬や、頻発する自然災害、海洋汚染、森林破壊...。

 

もう環境問題から目を背ける訳にはいきません。

 

10年後も20年後も体力が続く限り滑り続けたい。

 

それには雪が無いことには話になりません。

 

いつまで滑る気でいるの?って聞こえてきそうですけど...。

 

エコロジーと聞くとオーガニックなところに向かいがちですが、そうならないのがキャピタです。

 

髑髏(ドクロ)、三つ目、宇宙、女体...

 

尖がったデザインを貫くマインドが良いです。

 

 

 

◆D.O.A(ディーオーエー)

f:id:lilyup:20200421143240p:plain

f:id:lilyup:20200421143303p:plain

当店でも夏の間からコンスタントにご予約が入る人気アイテムD.O.A(ディーオーエー)。

 

2月3月まで在庫がある限り売れ続くモデルです。 

 

とにかく癖がなく軽い。そして走る。

 

パークのイメージが強い感もありますが、オールラウンドに遊べるボードだと思います。

 

エストが細めなのであまり短くし過ぎないのが良いような。

 

 

◆BIRDS OF A FEATHER(バーズオブアフェザー)

f:id:lilyup:20200421143318p:plain

 

D.O.AのレディースモデルがこのBIRDS OF A FEATHER。

 

バーズは女子的なデザインとは一線を画し勇ましさをも感じます。

 

女性のお客様の接客をしていると...

 

 お客様「このボード気になりますね」

 

 自分「コレはメンズボードなんですよ...」

 

 お客様「んじゃぁ、このボードがいいなぁ」

 

 自分「すみません、コチラもメンズなんですぅ...」

 

 お客様「...........」

 

接客アルアルです。

 

そんな女性のお客様、バーズはいかがでしょうか?

 

 

 

◆THE BLACK SNOWBOARD OF DEATH(ザ・ブラックスノーボードオブデス)

f:id:lilyup:20200421154617p:plain

f:id:lilyup:20200421154618p:plain

キャピタの歴史を語るうえで絶対に欠かすことが出来ない人物がJASON BROWN(ジェイソン・ブラウン)です。

 

先日ご紹介した名作「R.P.M」でも「STOMPIG GROUNDS」でも存在感を魅せつけていたBURTON(バートン)のライダーです。

 

当時のバートンといえば飛ぶ鳥を落とす勢いのトップブランド!

 

誰もがバートンに憧れを抱く、そんな時代でした。

 

ご多分に漏れず自分も全身バートンでした。

 

笑っちゃうくらいに頭の先から爪先まで。

 

ビーニーからブーツまで(当然ウエア、ボード、バインも全て)。

 

ジェイソン・ブラウンは特に大好きなライダーの一人でした。

 

そのジェイソンがバートンから抜け、BLUE MONTGOMERY(ブルー・モンゴメリー)と2000年にアメリカのシアトルで立ち上げたブランドがキャピタなのです。

 

バートン在籍中、ジェイソンの理想とするボードとしてSEVEN(セブン)がありました。

 

イメージも良く爆発的に売れたボードでもありました。

 

その流れを組んでキャピタでもセブンのようなフラッグシップモデルとして今でもリリースされ続いているのがザ・ブラックスノーボードオブデスです。

 

そんなジェイソンの信念と言っても過言ではないザ・ブラックスノーボードオブデスは、とにかく超軽量で毎シーズンごとにモデルチェンジを繰り返しアップデートされています。

 

国内での流通量もかなり少なく他人と被ることも無いでしょう。たぶん。

 

 

 

「キャピタ」=「パークボード」→「若い...」みたいな。

 

決してそんなことはありません。

 

一つのカテゴリーに特化したブランドではありません。

 

年齢、キャリアを重ねてきたからこそ乗れるアイテムもあります。

 

ジェイソン・ブラウンを知ってる人も知らない人も是非キャピタもチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

一人ひとりのスタイルに見合ったアイテムがきちんとあるので是非お気軽にご相談ください。

 

 ご予約をお待ちしております。